2021.09.01更新

弁護士秦
こんにちは、東京・日本橋(神田至近)の弁護士秦(はた)真太郎です。本当に役に立つ詳しいブログ解説を目指して解説していきます。なお、モラハラ情報盛りだくさん!弁護士秦のモラハラ総合サイトは>>こちら<<になります。




1.モラハラとは何だ?


 

 「モラハラ」最近よく耳にするようになった用語のため、モラハラとは何なのか分かったような分からないようなぼんやりとしたイメージでこの用語を使っている方も多いと思います。

 モラハラとは、一般的には「言葉、態度、文書などによって継続的に相手の人格や尊厳を傷つける精神的な虐待行為」などと言われます。


今回は、このようなモラハラ夫の中でも「ともかく外面が良いモラハラ夫」を取り上げて、その夫との別居や離婚を決意した時、どのように対応すればよいのかについて解説します。
ここでの「ともかく外面が良い」というのは、
①家庭内では自分が一番なのに、職場では、非常におとなしい、とか
②家庭内では平気で暴言を浴びせてくるのに、友人が来たときには終始穏やかに接してくる、とか
③妻側の親族や親戚に取り入ることが非常に上手である、とか
の例があります。

このようなモラハラ夫との円満生活を目指すということではなく、当該モラハラ夫と別居・離婚する決意を固めた方向けのブログになりますので、ご留意の上、お読みください。

 

 

2.モラハラ夫の中で「ともかく外面が良い」という夫はかなり多い


私がモラハラ夫と対峙した時の印象として、その仕草や話しぶりから穏やかな夫に見えるというケースはかなりの数ありまして、モラハラ夫の共通項の一つとも言い得るものです。
どうしてこのようなことが起きるのかと言いますと、私なりに分析しますと、モラハラ夫は独自の考え方を持っている人物が大半で、職場での仕事やその他の社会生活の中で、様々なストレスを抱えていることが多いです。そのようなストレスを抱えたままだと生活がしづらいので、そのようなストレスを家庭内で発散するため、家庭内ではモラハラ夫、家庭の外では「良い夫に見える」という構造に陥っているように感じます。


もちろん、家庭の外でストレスを抱えているからと言って、それを家庭内に持ち込んで良いことではありませんが、家庭の外と内とで、まるで別人のように見えるのは、上記のような構造が影響しているケースが多いように感じます。
このように夫が外面が良いと、あなたが友人や場合によっては親族に相談した場合でも、友人や親族があなたの味方をしてくれずに、そのことで余計に苦しむというケースも多くあります。そのことで、あなた自身自信を無くしてしまうということもあるかもしれませんが、夫の家庭内の言動に深く悩まされ続けてきたような場合には、別居や離婚をためらうべきではないと思います。

 

 

3.モラハラの証拠集めのポイント


 夫側が「ともかく外面が良い」というモラハラ夫の場合、家庭の外で「外面が良い」ことの証拠を集めても、夫側に有利になるだけで、あまり有効ではありません(要するに、「外面が良い」というだけですと、裁判所から見ても「社会生活をしっかりと送っている」と見られてしまうので、夫側に有利になってしまうという意味です)
 そのため、モラハラの証拠集めという場合には、家庭の「中」ではこのような異常な行動や言動に出ると言った、家庭内での行動等についての証拠集めが必要になります。
 このような異常な行動や発言などについて、モラハラ夫側がLINEやメールであなたに送信してきているものがあれば、直接の証拠になり得ます。
 いずれにしましても、証拠集めのことなどで迷うようなことがあれば、遠慮なく弁護士秦まで直接ご相談ください。

 


4.自分で別居・離婚を切り出すべきか


 奥様自身でモラハラ夫に対して別居や離婚を切り出したほうが良いのかについては、家庭内でのモラハラの内容次第というところかと思います。
 モラハラの内容が悪質なケースですと、奥様自身から別居や離婚を切り出すことは基本的にお勧めしません。

 

 他方で、家庭の外と内とで態度が180度違うとしても、具体的モラハラ被害が極端なものではない場合、一度は奥様自身から別居や離婚を切り出したほうが良いかと思います。奥様が今後弁護士を雇うことを考えていたとしても、一度は奥様の考えを伝えておくことで、モラハラ夫側も多少は、こちらの意思を認識するので、その後の手続が円滑に進む可能性が高まるからです。

 ただ、世間体を非常に気にするモラハラ夫の場合には、「別居」や「離婚」というキーワードに強く反応する場合もありますので、あなた自身がモラハラ夫と話をすることで、夫側をるよく刺激しそうだと感じるようであれば、直接伝えることは避けたほうが良いかもしれません。

 

 

5.親族等を交えて話をすることは効果的か?


 前述の通り、あなたと夫の二人での話し合いでは、話が進捗しなさそうだという場合には、次に、あなたのご両親や夫側の両親、その他兄弟姉妹等を交えて話をするという方法もあります。
 ただ、外面が良いモラハラ夫の場合には、あなたの親族ですら、あなたではなく、モラハラ夫側の味方をしてしまうというケースも多いので、誰を交えて話をするのかという点は慎重に検討する必要があります。


 ましてや、共通の友人を間に入れると、その友人から、あなたの方が「我慢が足りない」とか「あなたにはもったいないくらいの良い旦那さんなのに、どうして別れたいというのかが分からない」と逆に責められてしまう結果にもなりますので、注意が必要です。
 特に外面が良いモラハラ夫は、有名な大企業に勤めていたり、一定の社会的ステータスを持っていることも多いため、友人等は騙されがちです。

 

 

6.弁護士はどのような進め方をするのか


(1)全体的には早めに調停を起こすケースが多い
 このように外面が良い夫は、調停や裁判という裁判所の手続を嫌う傾向が強いので、調停といったフレーズを最大限に活用して、「裁判所の調停手続きを経ずに解決できるように、協議離婚で話し合いができませんか?」という伝え方をすることも多いです。
 外面が良い夫は、最初の内は、弁護士に対しても「穏やかな人物」であろうとするのですが、なかなか離婚の決断をしてくれないとか、徐々に本性を現してくるというケースも多いです。
 そのため、協議離婚の交渉が長期化しそうな場合には、早めに調停を起こしてしまうことが多いです。こうすることで、モラハラ夫側にも、現実に調停手続きが開始してしまったというプレッシャーを与えることができるからです。


(2)調停委員が騙されてしまった時の対策
 このようにモラハラ夫がともかく外面が良いという場合、残念ながら、裁判所の調停委員もモラハラ夫の穏やかな話し方や仕草に騙されてしまうこともあります。
 そのような場合には、別居前のモラハラ夫からのあなたに向けられた誹謗中傷メールだとか、暴言の録音だとか、何かしら夫側のモラハラを端的に証明できる資料を見せて、「外面は良いが家庭内ではモラハラ夫なんだ」ということを調停委員に理解してもらう形が端的です。

 

 

7.まとめ


・モラハラ夫の中で「ともかく外面が良い」という夫はかなり多い
・今回のようなケースでのモラハラの証明は、「外面が良いこと」ではなく「家庭内の様子がひどいこと」の証拠集めということになる。
・家庭内でのモラハラがそこまで重度ではない場合には、あなた自身の口から別居や離婚を伝えたほうが良いことの方が多い。
・夫の外面が良い場合には、親族や友人も騙されてしまうことが多いので、親族等を交えた話し合いをするかは慎重に検討したほうが良い。
・弁護士が対応する場合には、調停や裁判というフレーズを効果的に使うことが多い。
・夫の外面が良いと調停委員も騙されてしまうことがあるので、そのような場合には、客観的証拠を示して誤解を解く必要がある。

 

関連記事


>>弁護士秦のモラハラ総合サイトはこちら!!

>>【弁護士が解説】これってモラハラ?(夫婦の間でどこまでが許されるか?)

>>ズバリ!!弁護士から見たモラハラ夫の共通点

>>【モラハラタイプ別対処法1】ともかく自分の考えを曲げないモラハラ夫への対処法

>>【モラハラタイプ別対処法3】ともかく口が上手いモラハラ夫への対処法

>>【モラハラタイプ別対処法4】ともかく言うことがコロコロ変わる(平気で嘘をつく)モラハラ夫への対処法

 

 

>>このブログを書いた弁護士秦(はた)に直接会って相談したい方はこちら!

(事前予約があれば平日夜間22時まで相談可能 : 相談予約は入力で簡単日程調整)



雨宮眞也法律事務所
弁護士 秦(はた) 真太郎
TEL03-3666-1838|9:30~18:00
東京都中央区日本橋兜町1-10日証館305号

 

投稿者: 弁護士秦真太郎

entryの検索

カテゴリ

弁護士 秦真太郎 -雨宮眞也法律事務所- 受付時間 9:30~18:00 定休日 土日・祝日 住所 東京都中央区日本橋兜町1-10日証館3階

  • top_img03.png
  • top_spimg03.png
  • ご質問・ご相談はこちらご質問・ご相談はこちら

※事前予約があれば平日夜間(22時まで)も対応可能です。

  • 初回相談無料 まずはお問い合わせください! 03-3666-1838 受付時間 9:30~18:00 予約時に秦(ハタ)をご指名ください 面談予約・ご質問はこちら
  • 法律相談が 初めての方へ

法律相談が 初めての方へ

  • 弁護士ブログ
  • Q&A
  • 実際の解決事例
  • お客様の声