2022.05.09更新

弁護士 秦

 

こんにちは、東京・日本橋(神田至近)の弁護士秦(はた)です。「しっかり戦って、しっかりと勝つ」をモットーに詳しく解説していきます。なお、>>「モラハラの連鎖を断ち切る!!」モラハラ被害女性のための総合サイトはこちら<<になります。

 

 

1.別居時の持ち物を点検する理由



 モラハラ夫側が離婚に同意してくれなくとも、夫婦間の冷却期間として別居については同意しているという場合には、別居時の持ち物についてあまり神経を使う必要がないかもしれません(後日取りに行くことが比較的容易なので)。



 他方で、モラハラ夫側に事前に話をせずに別居する場合には、予め必要なものを持ち出しておいた方が無難と言えます。

 私が担当した事件では、別居後直ぐに旦那様が奥様の持ち物を全て勝手に処分してしまったといったケースや、別居後ほどなくして旦那様が自宅の鍵を交換してしまって自由に入れなくなってしまったケースなどもあります。



 このようなことも想定されますので、別居時の持ち物についてはできる限り漏れがないように注意する必要があります。
 他方で、余りあからさまに準備をしてしまいますと、折角夫に事前に別居話をせずに準備していたのに、別居を夫に察知されて、色々と追及されたり、妨害されるリスクもありますので、この点にも注意が必要です。

 



2.別居時の持ち物        




 別居の際には、以下を参考に荷物の整理をしてみると良いと思います。

(1)貴重品や普段の生活に必要なもの
・今後の生活にあてる当座資金

・あなた名義の預貯金通帳 ※繰越済みのものもあった方がベターです。

・お子様名義の預貯金通帳

・キャッシュカード、クレジットカードその他のカード類

・あなた名義の保険証券(生命保険、学資保険等)

・銀行届出印

・あなたの実印、印鑑登録カード

・運転免許証、パスポート

・健康保険証

・年金手帳、母子手帳

・(余裕がある様ならば)あなたの高価品(宝飾品や骨董品)や婚姻前の記念品

・常備薬・処方薬

・普段利用している手帳

・お子様の学校生活で利用する教材やノート等

・お子様の記念写真や、写真・画像のデジタルデータ

・ある程度の衣類
※どうしても処分されたくないもの等は別居時に持ち出したほうが良いですが、難しい場合には、その物の写真を撮っておく場合もあります(そうすると、後でモラハラ夫から勝手に処分された場合でも、処分されたことの証明になるため)


(2)モラハラの証拠となるような資料
・ボイスレコーダー(夫のモラハラ発言についてボイスレコーダーで録音を取ったことがあるようなケース)

・以前使用していた携帯電話及び充電器(以前の携帯電話にデータを保存していた場合)

・自宅PCに保管していたデータ類

・写真(モラハラ夫が物を投げて壁や家電を破損した場合に、破損部位を撮影した写真や、モラハラ夫からの暴力であなたが怪我をした時の怪我の写真等)

・子育て支援センターや警察からの開示資料(保存期間が経過してしまうと今後開示申請をしても入手できないこともあるため、既にお持ちであれば持って出た方が無難)

・あなたがつけていた日記等


(3)財産に関する資料
・直近の源泉徴収票

・直近3か月分の給料明細書

・夫の収入が分かる資料のコピー等がこちらの手元にあるようなら、その資料

・夫の資産のありかが分かる資料コピー等がこちらの手元にあるようなら、その資料

・その他財産に関する資料のコピー(不動産権利証のコピー等)

 上記は一例ですので、事件によっては、ほかにも持ち運んでおいた方がよい荷物があるケースもあります。また、今回の解説では、大がかりなものを持ち運ぶ余裕がないということを前提にしていますので、家具や家電類は含んでおりません。

 

 

3.荷物を持ち出すタイミング


 私がご相談を受け取りますと、「新型コロナウイルスの影響で、モラハラ夫が在宅勤務をしている日が多くて別居日がなかなか決めずらい」とか「モラハラ夫が在宅勤務をしているので、荷物の整理や、事前に荷物を送付することがやりづらい」というご相談を受けることも多いです。
 そのような場合でも、夫が出張に行っているタイミングがあるとか、夏期休暇や冬期休暇中、夫は一人で実家に帰るということで、そのようなタイミングで別居をスタートされる方も多いようです。


 また、大掛かりな引っ越し業者に頼むことが難しいという場合には、事前に何回か小分けにして段ボールを一つ一つコンビニ等から宅急便で送るとか、実家が近所なので、小分けした段ボールを何回かに分けて実家に一時保管しておくという進め方をする方もいます。

 

 

4.まとめ


・別居後夫が勝手に処分等してしまうリスクもあるので、別居の際には極力漏れなく荷物を搬出したほうが良い。
・搬出すべき荷物のカテゴリーとしては以下を意識して整理するとよい。
①貴重品や生活必需品等
②モラハラの証拠となるような資料等
③財産に関する資料等
・夫が在宅勤務をしている場合には、皆様工夫しながら荷物を整理しているようである

 

 

関連記事


>モラハラ夫との別居準備(1)―別居先は近場が良いか遠くが良いか?

>モラハラ夫との別居準備(2)―そもそも、「別居」という選択をすべきか

 

 

 

>>このブログを書いた弁護士秦(はた)に直接会って相談したい方はこちら!
(事前予約があれば平日夜間22時まで相談可能 : 相談予約は入力フォームで簡単日程調整)

雨宮眞也法律事務所
弁護士 秦(はた) 真太郎
TEL03-3666-1838|9:30~18:00
東京都中央区日本橋兜町1-10日証館305号

 

投稿者: 弁護士秦真太郎

entryの検索

カテゴリ

弁護士 秦真太郎 -雨宮眞也法律事務所- 受付時間 9:30~18:00 定休日 土日・祝日 住所 東京都中央区日本橋兜町1-10日証館3階

  • top_img03.png
  • top_spimg03.png
  • ご質問・ご相談はこちらご質問・ご相談はこちら

※事前予約があれば平日夜間(22時まで)も対応可能です。

  • 初回相談無料 まずはお問い合わせください! 03-3666-1838 受付時間 9:30~18:00 予約時に秦(ハタ)をご指名ください 面談予約・ご質問はこちら
  • 法律相談が 初めての方へ

法律相談が 初めての方へ

  • 弁護士ブログ
  • Q&A
  • 実際の解決事例
  • お客様の声