2021.09.01更新

弁護士秦
こんにちは、東京・日本橋(神田至近)の弁護士秦(はた)真太郎です。本当に役に立つ詳しいブログ解説を目指して解説していきます。なお、モラハラ情報盛りだくさん!弁護士秦のモラハラ総合サイトは>>こちら<<になります。




1.モラハラとは何だ?


 

 「モラハラ」最近よく耳にするようになった用語のため、モラハラとは何なのか分かったような分からないようなぼんやりとしたイメージでこの用語を使っている方も多いと思います。

 モラハラとは、一般的には「言葉、態度、文書などによって継続的に相手の人格や尊厳を傷つける精神的な虐待行為」などと言われます。


今回は、このようなモラハラ夫の中でも「ともかく引きこもりがちな夫」を取り上げて、その夫との別居や離婚を決意した時、どのように対応すればよいのかについて解説します。
ここでの「ともかく引きこもりがち」というのは、
①こちらの行動や言動が気に入らないと、自室に籠ってしまい何日も出てこない(最低限食事を取りに来るとか仕事の時だけリビングに出てくる)、とか
②引きこもっている期間は、普段の育児の分担や育児のサポートもしなくなってしまう、とか
③理由は分からないし、理解できないが、突如こちらを無視するようになる、とか
の例があります。
このようなモラハラタイプは、普段から自室で過ごすことが多いという特性を超えて、一定の出来事があったときに、こちらへの嫌がらせ等のために、引きこもり行動に出るようなケースを想定しています。


このようなモラハラ夫との円満生活を目指すということではなく、当該モラハラ夫と別居・離婚する決意を固めた方向けのブログになりますので、ご留意の上、お読みください。

 

 

2.「ともかく引きこもりがち」というのは、相当数あるが、必ずしも主流派ではない


私も日頃からモラハラ夫と対峙していると、「ともかくひきこもりがちな夫」と対峙することも相当数あります。
ただ、このような「ともかく引きこもりがち」という特性がモラハラ夫で多く見られる特徴かというと、そうではない印象です。
私がモラハラ夫と対峙していると、独自の考え方を持っており、そのことへのこだわりが強いとか、「どのモラハラ夫にも共通する」と思われる共通点があることも多いのですが、「ともかく引きこもりがち」という特徴は、モラハラ夫の中でも必ずしも主流派の特徴ではないと感じるのです。


もちろん、主流派ではないから、「モラハラに該当しない」というわけではありませんし、突如理由も分からずに夫が引きこもって家事や育児に協力してくれないと、あなたはもちろんお子様達も混乱しますし、生活しづらくなってしまうと思います。

 

 


3.モラハラの証拠集めのポイント


 夫側が、引きこもり・無視というタイプのモラハラ行動に出る場合、それを直接証明する証拠を得ることはかなり難しいです(無視といった行動は音声等を伴わないので、証明が困難なのです)。
 ただ、モラハラ夫が無視の期間→普段通りの期間→無視の期間というように一定のローテーションがある場合、普段通りの期間の間に、どうして引きこもったのかとか無視したのかといったことをLINEやメールで尋ねて、夫側が引きこもり等を認めたら、それは一つの証拠になります。
 また、引きこもりや無視よりも、一時的に普段の家事分担や育児分担を放棄したということが証明できれば、その方が証拠の価値は高いことが多いです。
 いずれにしましても、証拠集めのことなどで迷うようなことがあれば、遠慮なく弁護士秦まで直接ご相談ください。

 

 

4.自分で別居・離婚を切り出すべきか


 このタイプのモラハラ夫の場合、こちらが別居や離婚を切り出した場合、引きこもりや無視が始まるだけで、あなたに対する有害性は低いことが多いと思います。
 そのため、一旦はあなた自身から直接別居や離婚を切り出してみたほうが良いと思います。
 ただ、このタイプのモラハラ夫は自閉的な特質が強いため、あまり繰り返し別居や離婚の話を伝えると、仕事を辞めてしまったり、自殺未遂のような行動に出てしまうというようなケースもありますので、あまり頻繁に繰り返し話をするというよりも、ある程度期間を置きつつ話をしたほうが良いと思います。
 いずれにせよ、モラハラ夫側の様子を見ながら、話を続けていくという姿勢が重要だと思います。

 

 

5.親族等を交えて話をすることは効果的か?


 前述の通り、あなたと夫の二人での話し合いが可能であれば実践してみたほうが良いと思いますが、折角別居や離婚話をしても、モラハラ夫側が引きこもってしまって全く議論が進捗しないとか、繰り返し話をしても、こちらがアクション(実際の別居開始等)を起こさないので、こちらの本気度を疑われてしまうということもあると思います。
 そのような場合には、親族等を交えて話をし、以前よりも大きな話になっているという自覚を持たせたほうが良いと思います。
 ただ、親族を交えて話をしても、夫はともかく黙ったままで話が進展しないというような場合には、調停を起こすとか、弁護士に依頼するといったことも視野に入れたほうが良いかもしれません。

 

 

6.弁護士はどのような進め方をするのか


 弁護士が間に入ると、夫側も自分の意見を表明してきたり、夫側の方でも弁護士を立ててくるという対応を取ってくることが多いです。
 弁護士の前で黙っていたのでは、どんどん手続きが進んでしまい、悪い方向に進んでいくということはモラハラ夫でも分かるので、このような事態の悪化を避けたがるのです。
 夫側に弁護士がついて、離婚に応じる姿勢の場合には、協議離婚による解決が可能かを調整していくことになりますし、あくまで夫側が離婚を争う姿勢なのであれば、離婚調停を申し立てていくことになります。
 ただ、稀にほとんど音信不通になってしまうケースもあり、その場合には、調停→裁判というように手続きを進めていくほかなくなります。

 

 

7.まとめ


・「ともかく引きこもりがち」というのは、モラハラ夫の主流派の特徴ではないように感じる。
・「ひきこもり」の直接の証明は非常に難しいので、家事や育児の放棄という観点から証拠集めをすることが多い。
・あなたが直接別居・離婚を切り出しても、夫側は引きこもるだけで、あまり大きな害額はないので、直接話をしてみたほうが良い。
・話し合いがらちが明かないようなときには、親族等を交えて話をする方法も考えてみたほうが良い。
・弁護士が間に入ると、モラハラ夫も自分の意見を表明してくることの方が多い。

 

関連記事


>>弁護士秦のモラハラ総合サイトはこちら!!

>>【弁護士が解説】これってモラハラ?(夫婦の間でどこまでが許されるか?)

>>ズバリ!!弁護士から見たモラハラ夫の共通点

>>【モラハラタイプ別対処法9】ともかく口が悪いモラハラ夫への対処法

>>【モラハラタイプ別対処法11】ともかくこちらを監視したがるモラハラ夫への対処法

>>【モラハラタイプ別対処法1】ともかく自分の考えを曲げないモラハラ夫への対処法

 

 

>>このブログを書いた弁護士秦(はた)に直接会って相談したい方はこちら!
(事前予約があれば平日夜間22時まで相談可能 : 相談予約は入力で簡単日程調整


雨宮眞也法律事務所
弁護士 秦(はた) 真太郎
TEL03-3666-1838|9:30~18:00
東京都中央区日本橋兜町1-10日証館305号

投稿者: 弁護士秦真太郎

entryの検索

カテゴリ

弁護士 秦真太郎 -雨宮眞也法律事務所- 受付時間 9:30~18:00 定休日 土日・祝日 住所 東京都中央区日本橋兜町1-10日証館3階

  • top_img03.png
  • top_spimg03.png
  • ご質問・ご相談はこちらご質問・ご相談はこちら

※事前予約があれば平日夜間(22時まで)も対応可能です。

  • 初回相談無料 まずはお問い合わせください! 03-3666-1838 受付時間 9:30~18:00 予約時に秦(ハタ)をご指名ください 面談予約・ご質問はこちら
  • 法律相談が 初めての方へ

法律相談が 初めての方へ

  • 弁護士ブログ
  • Q&A
  • 実際の解決事例
  • お客様の声