2021.09.01更新

弁護士秦
こんにちは、東京・日本橋(神田至近)の弁護士秦(はた)真太郎です。本当に役に立つ詳しいブログ解説を目指して解説していきます。なお、モラハラ情報盛りだくさん!弁護士秦のモラハラ総合サイトは>>こちら<<になります。




1.モラハラとは何だ?


 

 「モラハラ」最近よく耳にするようになった用語のため、モラハラとは何なのか分かったような分からないようなぼんやりとしたイメージでこの用語を使っている方も多いと思います。

 モラハラとは、一般的には「言葉、態度、文書などによって継続的に相手の人格や尊厳を傷つける精神的な虐待行為」などと言われます。


今回は、このようなモラハラ夫の中でも「ともかく話がくどい夫」を取り上げて、その夫との別居や離婚を決意した時、どのように対応すればよいのかについて解説します。
ここでの「ともかく話がくどい」というのは、
①(あなたに対する、又はお子様に対する)説教が始まると、2時間3時間平気で説教を続ける、とか
②こちらが「うん」と言うまで延々と同じ話を続ける、とか
③早朝、深夜など時間帯を問わず、話したいことがあると延々と話しかけてくるため、こちらは眠れない、とか
の例があります。


このようなモラハラ夫との円満生活を目指すということではなく、当該モラハラ夫と別居・離婚する決意を固めた方向けのブログになりますので、ご留意の上、お読みください。

 

 

2.「ともかく話がくどい」というのは、相当数あるが、必ずしも主流派ではない


私も日頃からモラハラ夫と対峙していると、「ともかく話がくどい」夫と対峙することも相当数あります。
ただ、このような「ともかく話がくどい」という特性がモラハラ夫で多く見られる特徴かというと、そうではない印象です。
私がモラハラ夫と対峙していると、独自の考え方を持っており、そのことへのこだわりが強いとか、「どのモラハラ夫にも共通する」と思われる共通点があることも多いのですが、「ともかく話がくどい」という特徴は、モラハラ夫の中でも必ずしも主流派の特徴ではないと感じるのです。


もちろん、このように主流派ではないからと言って、「モラハラに該当しない」ということではありませんし、普段からともかく話が長いモラハラ夫と生活しなければならないことになりますと、長時間にわたり苦痛の時間を味わうことになりますので、日常生活の中で心理的に疲弊していってしまうケースが多いです。

 

 


3.モラハラの証拠集めのポイント


 夫側の話が長いという場合には、長時間の説教が始まったあたりで携帯電話にて録音を開始すれば、説教の大半を録音することが可能かと思います。
 ただ、このような長時間の説教の録音が、単に話がくどいというだけだとすると、モラハラの証明としては弱いと思います。なぜなら、モラハラ行為の悪質性といった場合には、話の長さというよりも、暴言や誹謗中傷を含んでいるのかという点の方が、重要性が高いからです。


他方で、LINEやメールにて、あまりにも長文のメッセージが届くようであれば、そのこと自体が心理的負担になるであろうということは一目瞭然なので、このようなメール等が頻繁に来るということであれば、モラハラを証明する一つの証拠になり得ます。
 いずれにしましても、証拠集めのことなどで迷うようなことがあれば、遠慮なく弁護士秦まで直接ご相談ください。

 

 

4.自分で別居・離婚を切り出すべきか


 夫側の話がくどいものの、こちらの話を一切聞かないというわけではなく、こちらが発現すれば一応会話にはなる、というような場合には、一度くらいはあなたの方から直接別居や離婚を切り出してみても良いかと思います。
 他方で、「話がくどい」というのが、結局こちらが承諾しない限り全く話が終了しないとか、こちらの意見を聴くことが全くない、というような場合には、直接の話し合いの意義は乏しいかと思います。そのような場合には、あまり二人きりでの話し合いは望ましくないかと思います。

 

 

5.親族等を交えて話をすることは効果的か?


 前述の通り、あなたと夫の二人での話し合いが可能であれば実践してみたほうが良いと思いますが、二人での話し合いが難しいとか、一旦話して見たが折り合いがつかなかったというような場合には、あなたのご両親や夫側の両親、その他兄弟姉妹等を交えて話をするという方法も考えられます。
 特に「話がくどい」という内容が暴言や誹謗中傷をあまり含まない場合には、親族等に無礼な発言をしてくる可能性は低いので、親族等を交えて話をしてみたほうが望ましいと思います。

 

 

6.弁護士はどのような進め方をするのか


 私がこの手のモラハラ夫と直接話をする場合には、通常は、最初に話をするときには一通りモラハラ夫の言い分を聞き、相手の考え方を把握することに徹することが多いです。
 その後、2度目、3度目の交渉の際には、延々とモラハラ夫の話を聞いていてもあまり意味はありませんので、私の方で時間を区切るなどして、奥様の考え方を一方的に伝える形を取ることが多いです。
 このような奥様の考え方にモラハラ夫が納得するようならば、協議離婚に向けて話を進めていきますが、納得が得られないとか、得られそうにないというような場合には、調停に手続きを切り替えて進めていくことになろうかと思います。

 

 

7.まとめ


・「ともかく話がくどい」というのは、モラハラ夫の主流派の特徴ではないように感じる。
・くどい話をすべて録音しても、それ自体がモラハラの証拠となる可能性は低く、むしろ、長文のメール等の方が証拠としての価値は高いことが多い。
・多少はあなたの意見も聞いてくれるようならば、直接別居を切り出すということを考えてみても良い。
・モラハラ夫が暴言や誹謗中傷表現をあまり使わないということであれば、親族等を交えて話をすることを検討してみたほうが良い。
・弁護士としては、モラハラ夫が話したいことがあれば初回はじっと話を聞くが、2回目以降は奥様の考えを一方的に伝えるスタイルを取ることが多い。

 

関連記事


>>弁護士秦のモラハラ総合サイトはこちら!!

>>【弁護士が解説】これってモラハラ?(夫婦の間でどこまでが許されるか?)

>>ズバリ!!弁護士から見たモラハラ夫の共通点

>>【モラハラタイプ別対処法7】ともかく気性が荒いモラハラ夫への対処法

>>【モラハラタイプ別対処法9】ともかく口が悪いモラハラ夫への対処法

>>【モラハラタイプ別対処法10】ともかく引きこもりがちなモラハラ夫への対処法

 

>>このブログを書いた弁護士秦(はた)に直接会って相談したい方はこちら!
(事前予約があれば平日夜間22時まで相談可能 : 相談予約は入力で簡単日程調整)



雨宮眞也法律事務所
弁護士 秦(はた) 真太郎
TEL03-3666-1838|9:30~18:00
東京都中央区日本橋兜町1-10日証館305号

 

投稿者: 弁護士秦真太郎

entryの検索

カテゴリ

弁護士 秦真太郎 -雨宮眞也法律事務所- 受付時間 9:30~18:00 定休日 土日・祝日 住所 東京都中央区日本橋兜町1-10日証館3階

  • top_img03.png
  • top_spimg03.png
  • ご質問・ご相談はこちらご質問・ご相談はこちら

※事前予約があれば平日夜間(22時まで)も対応可能です。

  • 初回相談無料 まずはお問い合わせください! 03-3666-1838 受付時間 9:30~18:00 予約時に秦(ハタ)をご指名ください 面談予約・ご質問はこちら
  • 法律相談が 初めての方へ

法律相談が 初めての方へ

  • 弁護士ブログ
  • Q&A
  • 実際の解決事例
  • お客様の声